コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

初受験勉強総括と次回までにやるべきこと

「勉強の詰めが甘い」

この一言だと思います。

それぞれのパートを浅く広く「薄く」

になってしまいました。

けど、自分の中では満足のいく勉強内容でしたし、

それ相応のスコアが返ってきたのも嬉しかったです。



何も無ければ1月のTOEICを受験する予定です。

目標は前に書いた通り

「リスニングパートを400点に乗せ、730overを狙う」

そのために



0.前提として「でるぼ」を完璧に



1.パート1・2での取りこぼしを少なくする(気持ちは取りこぼしゼロに)

対策としてパート1に出てきそうな単語を押さえる。

イクフン本のパート2表現集を覚える。



2.パート5・6のスピード、精度up

対策として特急シリーズ、イクフン本を引き続き使って勉強。

間違えた問題を繰り返し間違えないように。



3.パート7の得点力up

対策として教材を買い足して、長文を読む練習。



特に1.2.を重点的にやっていこうかと思います。





と書いてて思ったのですが、

もしかしたら今回のスコア、

本当は実力以上出ているかもしれないので、

(実際どのパートで何点を取れてるのかわからないので)

Bランク入りに時間がかかるかもしれませんが、

着実に1歩ずつ焦らずやっていこうと思います。



以上、初受験+考察レポートになります。




次回以降はTOEIC関係中心の記事になると思いますが、

TOEICにこだわらず色々書いていければいいなと考えてます。



1月に向けて頑張るぞ!!!



ではでは。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

初受験までのリーディング対策と模試

さて、リーディングに使った教材は



「1駅1題 新TOEIC TEST単語特急」
単語特急



「新TOEIC TEST 単語特急2 語彙力倍増編」
単語特急2



「1駅1題 新TOEIC TEST文法特急」
文法特急



「新TOEIC TEST 文法特急2 急所アタック編」
文法特急2




をそれぞれ繰り返し解いてパート5・6対策。

特急シリーズは新書版で持ち運びが楽で、

値段も安いのが魅力。

問題の評判も良いみたいなので購入しました。

それぞれ3〜4周したと思います。

まだ完璧に覚えたり、理解してはいないです。






「解きまくれ!リーディングドリル TOEIC TEST Part 5 & 6」


解きまくれイクフンP5

おなじみイクフン本は特急シリーズのおさらいと、

問題数の少なさをカバーするのを兼ねて、購入を決定。

パート5の問題を2周。

パート6の問題は時間が無かったのもあって

(甘えた)

手が付けられませんでした。




あとパート7対策として

「1駅1題 新TOEIC TEST読解特急」
読解特急



を購入。1周だけしました。

時間がありませんでした。(コレも甘えた)




リーディングパートはとにかく時間管理。

毎回時間を計って

パート5は全体で15分以内

パート7は1問に対して1分前後

「リーディングパート70分で見直し5分」

をいつでも頭の中に入れて勉強してました。

(ストップウォッチ買おうかな)




で、本番の練習として

「TOEICテスト超リアル模試600問」

模試

1周です。

ラスト1週間から手を付けた感じですね。

2時間のテストを受ける練習。

3回模試が収録されているのですが、

それぞれ、

テスト1. 675

テスト2. 720

テスト3. 420(リスニングのみ)

3回目はダレてしまって最後まで出来てないです。




模試そのままの点数が、

本番でも出たといった感じですね。



あと公式問題集はやっていません。

買ってないです。

本屋で少し解説を見てみたのですが、

「ここでは文脈的にforが入ります」

…ちょっと…自分には厳しいです(涙)


いつか買わなくてはいけないのかな…?



こう文字に起こしてみると、勉強甘甘ですね。

無理やり本番に間に合わせた感が溢れ出てます。(苦笑)

特にパート7は長文を読む練習を怠ってきたのが、

本番でも出てしまいました。

(理解できないで読み飛ばして、結局何も頭に入ってこないフワフワ状態)





次回は勉強総括と次への戦略について書こうと思います。


ではでは。
コンテントヘッダー

初受験までのリスニング対策

リスニングは

「極めろ!リスニング解答力TOEIC TEST―韓国でシリーズ170万部突破!英語のカリスマ イ・イクフンのStep by Step講座」

極めろイクフンリスニング


TOEICといえばコレ!「イクフン本」を使いました。

リスニング対策本はこれだけです。

CDの会話スピードが早くて自分には少し辛かったです。

(模試のスピードに比べると早かった気が…勘違いかもしれませんが。)

イクフン本は1周しか出来ませんでした。





リスニングはとにかく問題を解く練習をしました。



パート1なら、

写真見て日本語で状況を把握。

例えば「女の人が楽器を持ってる」「楽器はinstrumentalだなー」とか

「店の前に商品が並んでる」「商品ってmerchandiseとかproductだなー」とか

名詞じゃなくて動詞とかも、出てきそうな単語を問題と問題のポーズ間に思い浮かべておくこと。



パート2は

最初に発せられる、ひとつ目の単語に集中。

疑問詞だけで選択肢が選べてしまう問題もあったりするので。

そう考えると対策らしい対策はしてなかったかもしれないです。

少し会話が長くなると「ぐぬぬ」ってなっちゃいます。



パート3・4は

問題先読み→会話を聞く→回答選択→問題読み上げ中に先読み

のひたすら問題を解く練習。



パート1・2はリスニングパートでは(3・4と比べると)簡単な部類だと言われているので

ここで取りこぼしを無くすことでL:400に乗せようと考えています。



イクフン本にはパート2の会話表現がたくさん収録されているので、

今後この会話表現を覚えていこうかと思います。




パート3・4は・・・。

問題先読み精度up。

あと聞こえるか聞こえないかの語彙力勝負だから、引き続き語彙を増やす。

ぐらいしか具体的な対策が浮かばないんですよね(汗)

解きまくれシリーズ買ってたくさん問題解くべきなのかな?

模索中です。




長くなってしまうのでリーディングと記事を分けようと思います。


ではでは。
コンテントヘッダー

TOEIC初受験まで

TOEIC勉強開始までは他の資格の勉強をしていました。

それに無事合格し、単純に当てていた時間が空いてしまったので

何か他にないかなと思って探した結果が「TOEIC」でした。




(数ある英語試験の中からTOEICを選んだ理由はまた別の機会に)




高校の英語参考書(高校で配られたやつ)をやり直す。

まず最初に取り掛かったのがこれでした。

流石に中高6年間やってきた英語、

「そーいえばそうだった」

と、思い出す作業が大半で、あまり時間かけてないです。

ただ全ての文法を理解してたわけじゃありません。

仮定法とか「????」でした。

今後総復習したほうがいいのかな。

後はわからなかった時、参考書を見るようにしました。



そもそもTOEICってどんなテストなの?

と情報がまったく無かったので、

「はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル」

初めての新TOEICテスト完全攻略バイブル



を購入しテストの内容を「ふーん、こんなテストなんだ。」と大体把握。

勉強にはあまり使いませんでした。

この本には各パートの例題が付いているのですが、

それを解いて思ったのが、

「圧倒的ボキャ貧」

で、買ったのが

「新TOEIC R TEST 出る順で学ぶボキャブラリー990」

デルボ


受験者の方々の評価の高い、「でるぼ」にしました。

初受験までにラストの章にある「上級の120単語」はあまり手をつけず、

残りの見出し語、870単語を8割ぐらい覚えた感じですかね。

甘甘です。



基礎体力付けというのかな?

これらを使ってTOEIC勉強するための勉強をしました。



次回はリスニングパートの勉強方法を紹介します。


ではでは。
コンテントヘッダー

第166回TOEIC結果

166回


今日アビリティーズメジャードなるものが届きました。

見方がわかりません(笑)

どのパートがどのスコアに対応しているのかわかりませんね。

携帯のカメラが壊れてしまっていてup出来ませんが、

とりあえずネットで見れるやつをupしておきます。

ちなみにテストはメジャー(ピンク)ってやつでした。



全体的な感想は「手ごたえそのままの結果」かと。

なんとなくですけど、

自分の能力だとこれだけ取れるんじゃないかってスコアがあって

それ以上でもそれ以下でもない

実力相応のスコアじゃないかと思います。



テストを振り返ると当日は上がってましたね。緊張しっぱなし。

披露宴会場みたいな縦に長い会場で、

いたるところにスピーカーがぶら下がっていたのですが、

前のスピーカーからしか音を出さないみたいで、後ろのほうだった自分は、

(え?音小さい?あれ?誰も言わないの???)

(大きくしても前の人がうるさくなっちゃうから仕方ないよね。うん。)

とか自分を無理矢理納得させて。だんまりでした。

案外席とか簡単に変えてくれるみたいですね。後で知りました。



パート1

「え?わからん」は1問ぐらいだったでしょうか。船の写真。

他は(合ってるかは別にして)迷わず選んでた気がします。

あとパート5を3問ぐらい解きました。



パート2

パート2って最初の単語って重要じゃないですか。

5W1Hなどなど。

さぁ始まるよー。ってときに誰かが

「コホンっ…」って

(え?え?え?WHOだよね?WHOって言ったよね?)

出ばなくじかれ動揺。

けど、4~5問目から落ち着きを取り戻していたと思います。

後半に出てくるちょっと長めの会話はやっぱり苦手でした。



パート3・4

とにかく問題先読み。

各会話間違っていいのは1問だけ。

の自分ルールを出来るだけ通す。

実際はそんな上手く行ってなかったと思いますが、

全然出来なかったは無かったと思います。




パート5・6

早く解くことを意識してました。

テスト受ける前から「塗り絵だけは無し!!」を誓っていたので、

パート5・6で20分。パート7を50分。5分見直し。

時間配分だけは徹底。



本番やってみて思ったのは、普段簡単だと思ってる品詞問題も

答えを見れないとなると、だいぶ不安になるってことですかね。

まあ、不安になるのは準備不足の表れなのですが。

(これ見たことあるやつだ。)

も、本当にこれで良いの?とか

解いてる最中ずっと疑心暗鬼でした。



パート7

全問に目を通すことを意識したことで

シングル難しめに使いがちな時間を、ダブルの最後の問題に使えて、

それが解けたってのが実際に起きました。

ただ最後まで解いたから、スコアを大きく変えたというのは無かったと思います。

時間徹底が裏目に出たのか、結構フワフワしながら解いてました。



受ける前からあまり得点を期待してなかったので、

出来なかったけど「こんなもんかな」という印象。




見直し時間3分強を残して終了。

ただ、見直しって何すればいいのかわかんなくて、

ボーっとしてました(苦笑)

本当にどこに手をつければいいのかわかんなくなって。

よく考えたらパート7の1問解き直せる時間はあったんですよね。

次回は気をつけます。



次の目標 



「リスニングを400点台に乗せてBランク(730点~)入り」



ブログタイトルはAランクとなっていますが、

しばらくは目の前のBランク入りを目指したいと思います。

幸いスコアを取ることを強いられる環境にいないので、

コツコツ頑張っていこうと思います。




長くなってしまったので、

次から各パートごとの自分なりの勉強の仕方、

使った教材を書いていこうかと思ってます。


ではでは。
プロフィール

せー

Author:せー
2011年7月よりTOEIC勉強開始。
それまでは英検準2級に受かって、2級(1次試験)に落ちる程度の英語力。
Aランク(スコア860~)を目指して頑張ります。

第166回 690(L:370R:320)
第168回 受験予定

カウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
 

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。